乗船ご予約はこちら
ふるさと納税でのご寄付はこちら

すべては未来の京都のために。先人たちの夢の水路(みち)

明治期京都の一大プロジェクト、
琵琶湖疏水事業とは

 明治維新後の事実上の東京遷都により、京都の産業は急激に衰退した。この京都を復興させるため、琵琶湖の水を京都に通す人工運河の建設を行ったのが琵琶湖疏水事業(大津~鴨川間は1885年着工~1890年完成)である。三代目京都府知事・北垣国道、満21歳の若さで主任技師を任された田邉朔郎、そして多くの市民たちが大きな困難を克服し、すべて日本人のみの手によって成し遂げられた我が国最初の大土木事業である。
 市の年間予算の十数倍という膨大な費用を投入、当時の未発達な土木技術や貧弱な機械・材料に悩まされながら工事は進められた。大半の資材も自給自足、夜に技術者を養成、昼には実践するという現代ではおよそ想像もつかない努力の積み重ねであった。

第1疏水第2トンネル東口で洞門工事(明治21年)

 最も大きな変更計画は、米国視察を行った田邉朔郎が北垣知事を説得し、工事の途中で水力発電の実用化に踏み切ったことである。明治24年、蹴上に日本最初の商業用水力発電所が稼働したことは、我が国の文明史に大きな足跡を残すこととなった。
 世界的にも稀有な都市づくりの源流は、今も命の水を京都に運び続けている。


  • 琵琶湖疏水記念館
  • 京都観光Navi
  • 明治150年京都のキセキ
  • びわ湖大津観光協会
  • みーつ びわ湖・大津